睡眠を取り体臭改善

睡眠不足で体臭がきつくなる

睡眠と体臭の関係とは

男性だけではなく女性も体臭がきつくなることがあります。体臭がきつくなったと感じる時は、その原因に睡眠不足が考えられます。睡眠不足から人の体の基礎代謝が落ちてしまうと、胃腸や肝臓など体全体の機能低下につながります。体臭が気になる人はおすすめの体臭サプリメントを摂取するとよいでしょう。睡眠不足を解消することも大切です。

体臭と深い関係があるのは臭いの元を分解する作用のある肝臓です。睡眠不足から体の機能が低下している状態では、臭いを十分に分解することができず呼気や汗に臭い成分が含まれるようになってきます。自分の口臭や体臭が気になり出したというのは、肝臓が満足に臭いを分解できていない状態になっているということなのです。

睡眠不足は肝臓だけではなく、自律神経の働きを低下させて皮脂腺にも影響を与えます。不規則な睡眠や睡眠不足は、皮脂腺の働きを活発にしてしまい過剰に皮脂を分泌させます。皮脂が増えるとそれを分解するための細菌が増えて分解する際に臭い物質を作り出すだけでなく、増えた皮脂が皮膚表面で酸化してきつい体臭を発します。皮膚では皮脂が増えますが、睡眠不足は口内では唾液の分泌量を減らしてしまいます。唾液は正常な状態では口の中を浄化する働きがありますので、唾液が減ってしまうと口臭を悪化させる原因になるのです。

<体臭は根本から解決しよう>

以前よりきつくなった体臭は、睡眠不足の症状のひとつとして現れている可能性が高いです。忙しい生活の中で睡眠不足だけでなくストレスも溜まると、活性酸素も発生します。活性酸素は分泌の増えた皮脂を酸化させて汗の臭いを招きます。睡眠不足は体臭を引き起こす原因となるので、体臭を予防するためには質の良い眠りとストレスを溜めない生活を送ることが重要になってきます。

Copyright © 睡眠不足で体臭がきつくなる. All rights reserved.